治療装具(コルセット等)に係る請求方法


 医師の診断により治療装具の装着が必要と診断され、作製した場合のみ請求できます。

 加入の健康保険に「①医師の証明書・②装具の見積書・請求書・領収書」を添えて申請すると、装具代金の金額から自己負担額を除いた額が後日給付されます。

 自己負担分は「療養費補助金」の対象になりますので、「①のコピー・②のコピー・③加入の健康保険からの給付額がわかるもの」を添えて互助会に請求してください。