確定申告(医療費控除)と請求期限


 確定申告で医療費控除を申告予定の方は、翌年の1月25日(25日が土日祝の場合はその前日)必着で請求書を郵送してください。1月25日までの到着分は、2月25日に振込みをします。

 なお、領収書を添付する場合は、次の期間ごとに2回に分けて請求をお願いします。

 11月以前の診療分 ⇒ 12月25日必着 12月診察分 ⇒ 1月25日必着 

 ※処理が遅れますので、1月診療分は2月に入ってから請求してください。

 医療費控除の申告予定のない方は、この時期を避けて1月26日以降にご請求いただくようお願いします。

 なお、医療費控除などの還付申告は、確定申告期間以外でも過去5年分を提出することができます。

 令和2年4月診療分より「給付振込案内書」の表示に変更があります。

 ① 「日数」は空欄で表示されません。

 ② 70歳未満は、入院外来の区別なく「区分」は「1」が表示されます。

 ③ 「診療金額」は空欄で表示されません。

 令和2年4月以降の診療分については、給付システムの改修を行っているため、給付が大幅に遅れております。令和2年7月までの請求書到着分については、令和2年9月25日給付を予定しております。給付が大変遅くなり申し訳ありません。

 令和2年4月以降の診療分は、「同じ月の領収書(証明)はまとめて」ご提出ください。

 なお、令和2年4月以降の診療分の請求書をすでに提出された方で、未提出の領収書(証明)がある場合は追加給付しますので、令和2年10月23日必着でご請求ください。