高額療養費


 ひと月の自己負担が高額になった場合は、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分について、加入の健康保険へ「高額療養費」の支給申請し、後で払戻しを受けることができます。または、高額になることが事前に分かっている場合に「限度額適用認定証」や「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、窓口での支払いを抑えることができます。

 私立学校共済組合・市町村共済組合については、自己負担限度額が異なるため、取得・喪失した場合、新しい健康保険証のコピーを送付してください。