お身体の健康のために



療養費補助金

会員が疾病等により負担した保険適用の医療費で、ひと月、1医療機関や1調剤薬局の実質自己負担額が1,500円以上であれば補助金の請求ができます。(公立学校共済組合員である間は自動給付ですので個別に請求する必要はありません。)

※請求期限は事実発生後3年以内です。

※調剤薬局の場合の実質自己負担額は、処方箋発行元別に算出します。

※保険適用外の例:差額ベッド代、入院時の食事代、高度先進医療費、交通費など

【計算方法】

自己負担額 給付率
2,000円以下の部分 30%
2,001円以上10,000円以下の部分 45%
10,001円以上の部分 60%

例)自己負担額が30,000円の場合

①30,000円を【計算方法】に記載された区分に分けます。

2,000円以下の部分 ・・・ 2,000円
2,001円以上10,000以下の部分 ・・・ 8,000円
10,001円以上の部分 ・・・ 20,000円

②それぞれに給付率を掛けます。

2,000円 ×30%= 600円
8,000円 ×45%= 3,600円
20,000円 ×60%= 12,000円

③合計が給付額となります。

600+3,600+12,000=16,200円

人間ドック補助

人間ドック受診経費(種類問わず)の50%を補助します。ただし、年度1回限りで20,000円を限度とします。

※ドックが完了してからの請求となります。受診日等を事前に互助会へ連絡する必要はありません。