退職部会員とは


 退職後1ヶ月以内に「一時掛金」を納入することで、

旧制度会員(平成28年3月までに加入)は「終身」において、

新制度会員(平成28年4月以降に加入)は「満75歳の誕生日の前日まで」において、

退職互助部の会員となります。

 また、新制度会員と旧制度会員では、給付内容がことなります。

 給付の対象は「会員のみ」で、請求期限は「事実発生から3年間」です。

例えば、令和2年10月に提出する場合は、平成29年11月分は給付の対象となりますが、平成29年10月分は対象外となります。